医   療

氏 名    震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 

 中村(なかむら) 忠夫(ただお)

 1944年生まれ)

 小千谷市魚沼市川
 口町医師会理事
 

 小千谷市魚沼市川口町医師
 会副会長
 


 新潟県中越大震災時、地元医師会とし
 て医療
支援チームと協力体制を作り、
 小千谷市の医療全般を統括した。また、
 死亡者が出たエコノミークラス症候群に
 ついての予防活動を行っている。


 横森(よこもり) (ただ)(ひろ)

 1940年生まれ) 

 (
)小千谷総合病院
 院長
 


 (
)小千谷総合病院理事長
 
(社福)おぢや福祉会理事長


 新潟県中越大震災当時、院長として災
 害時の医療活動に従事し、その後、病
 院及び関連施設の復旧復興に努めた。

 根元(ねもと) 純一(じゅんいち)

 1949年生まれ) 

 小千谷市魚沼市川
 口町医師会副会長
 

 

 新潟県中越大震災時、地元医師会の
 責任者として、行政や医療関係団体と
 連携し、医療支援チームの調整や小千
 谷市の医療全般を統括した。震災後、
 新潟県、新潟県医師会及び地元医師
 会の災害マニュアル作成に携わった。

 根本(ねもと) 聡子(さとこ)

 1962年生まれ)

 片貝医院副院長
 

 片貝医院副院長
 

 夫の出張中に自宅で3人の子・両親と
 被災。
5日間を地域に1人だけの医師
 として家族の生活と診療所医療を一手
 に。災害時に真に必要なのは地域の助
 け合いであると実感

 郷(  ごう) 誠一(せいいち)

 1954年生まれ)


 ひまわり薬局(自営)
 小千谷市薬剤師会
 副会長


 ひまわり薬局(自営)


 小千谷市薬剤師会会長

 新潟県中越大震災時、薬剤師会副会
 長として医師会との連絡を行う。市総合
 体育館の薬剤師コーナーで、ボランティ
 ア薬剤師との連絡を行う。

 趣味…映画、芸能情報

 佐藤
( さとう)
 和美(かずみ)


 (1950年生まれ)
 

 (
)小千谷総合病院
 看護部長
 

 NPO
法人防災サポートおぢや
 理事
 

 新潟県中越大震災発生時、看護部長と
 して患者への対応、看護師の指揮など
 第一線で救助活動を行う。
 現在、看護師協会等で講演活動を行っ
 ている。
NPO法人 防災サポートおぢや
新潟県
地震列島日本
中越地震で倒壊した家屋
中越地震で主要道路が崩壊

・ 料   金    講演料 一回当たり 30,000円

・ 交 通 費    実費相当額をお願いします。

・ 宿 泊 費    日程の都合により、宿泊が必要な場合は
            10,000円のご負担をお願いいたします。


 お問い合わせ、お申込みは下記までお気軽にご連絡ください。


      講 師(語 り 部)派 遣 お 申 し 込 み


       〒947-0015
       新潟県小千谷市大字谷内686番地1
       NPO法人 防災サポートおぢや
       電 話・FAX  0258‐82‐2809
       

 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介  

 星野(ほしの) (つよし)

 1956年生まれ)

 小千谷市塩谷町内
 会長
 
 中越大震災本震で自宅崩壊。町内の人
 達に救助されたが、息子は死亡、妻はそ
 の後5ヶ月間の長期入院となる。町内会
 ボランティア(災害ボランティアセンター
 登録外)との関わり・長期避難勧告時の
 エピソード等話すと十日は要るかも?
 (ジョーク)

 藤田(ふじた) (とく)(えい)

 1956年生まれ) 

 小千谷新聞社主筆 

 小千谷新聞社主筆 

 H17.8.10地震体験記「激震 小千谷
 発 挫け
ない」(パロル舎)上梓。BSN
 ジオ「ふるさと散歩」の原稿「被災地小千
 谷便り」をH17.4H
18.3執筆。H18.10
 産経新聞「わたしの正論」入
選。
 趣味 …ウォーキング、映画鑑賞
 

被災体験など

関講師、佐賀県で講演
佐藤講師、講演

本当の防災対策は平常時にこそ行われるものです。NPO法人防災サポートおぢやは、行政、消防関係者や、地域で暮らす人々の防災意識の向上を図ることを目的に、地震災害から「命を守る」為の実際的な方法を熱意を持ってお伝え(講師派遣)します!

災害対策のサポートサイト・防災サポートおぢや
お問い合わせ
防災サポートおぢやブログ
新規会員登録、お問い合わせ/お申し込み
地域情報
中越地震の被災地視察
講師派遣、語り部の会
過 去 記 事
防災サポートおぢやブログ、イベント情報
         この様な方が利用されています。

    ☑ 行政関係者    ☑ 消防関係者    ☑ 自主防災組織

    ☑ 町 内 会    ☑ 女性団体     ☑ 医療関係者

    ☑ 福祉関係者    ☑ 個人のグループ  ☑ 教育関係者

    ☑ 企   業    ☑ ボランティア団体
     

◆ 役 員 名 簿

◆ 定  款 P D F

◆ 事 業 計 画

最近、全国各地で中越地震に匹敵するような大規模な地震
や災害が頻繁に起きています。

災害が起こるたびに、地域の防災力を高める必要性が叫ば
れていますが、実際にどのように取り組めば良いのか分か
らない、という声が防災サポートおぢやに数多く寄せられ
ています。

防災サポートおぢやでは、各分野に渡り、被災体験を踏ま
えた語り部(講師)が熱意をもって災害に対する心構えや、
対処方法などをお伝えしています。

お気軽にお申し込み下さい。

特定非営利活動法人(NPO)

防災サポートおぢや

地震や災害から命を守る為の防災対策サポートサイト

特定非営利活動法人(NPO)

防災サポートおぢや

小千谷から発信⇒地震や自然災害から身を守る為の防災対策サポートサイト

リ ン ク 集

事 業 計 画

定  款 P D F

被 災 地 視 察

設 立 趣 旨

役 員 名 簿

地 域 情 報

イベント情報/ブログ

新 規 会 員 登 録

講師派遣(語り部の会)


事 業 内 容

防災サポートおぢや概要
講師(語り部)派遣お申し込み

震災体験者が語る、防災、減災への教訓

このページのトップへ戻る

◆ 設 立 趣 旨

PDFは、Adobe Reader
が必要です

◆ 事 業 内 容

〒947 - 0015
新潟県小千谷市大字谷内686番地1
電 話・FAX 0258-82-2809

Copyright(C) 防災サポートおぢや All Rights Reserved

講師(語り部)派遣お申し込み
被災地視察お申し込み

           分 野 別 語 り 部(講師)リ ス ト


   行   政      消   防      町内会 ・自主防災組織

   学校・教育      福   祉      ボランティア

   企   業      被災体験など     医    療
        

行   政
 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 

 佐藤( さとう) 知巳(ともみ)

 1939年生まれ)


 小千谷市助役


 災害対策副本部長


 NPO法人防災サポートおぢや
 理事
長 


 新潟県中越大震災時は小千谷市助役
 災害対策副本部長として行政内部の指
 揮を採り、復旧・復興に努めた。
 行政、
 町内会などが震災を体験して得た教訓
 等について講演することができる。

 太刀川( たちかわ) 俊一( としかず) 

 (1946
年生まれ)

 小千谷市災害対策
 本部総務部長

 中越大震災発生から2年半の間、災害
 対策本部員として復旧・復興に携わった
 経験を、行政や住民の皆さんに伝え少し
 でも役に立ってもらえればと思う。

 鈴木( すずき) 久夫( ひさお)

 (1950年生まれ)

 会社役員

 建築業・一級建築士
 


 約20年前より日本建築学会にて耐震設
 計、補強診断の研究をしてきた。


 趣味…オーディオ、音楽を聴くこと。

企   業

 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 

 星野(ほしの) (のぼる)

 1944年生まれ)

 町内役員

 (
)星野工務店代表取締役


 新潟県中越大震災では、地元の大工工
 務店として被災されたお得意様のお住ま
 いの復旧と励ましの言葉をかけて一日で
 も早く元の生活に戻れるようお手伝いさ
 せていただいた。 


 趣味…山歩き 

ボランティア

 氏 名   震災時の役職    現在の役職   自 己 紹 介 

 宮崎
(  みやざき)
 悦男(えつお)


 1966年生まれ) 


 災害ボランティアセ
 ンター副本部長


 (社)小千谷青年会
 議所理事長


 立ちあがれ中越プロ
 ジェクトプロジェクト長


 (社)中越防災安全推進機
 構理事


 アンシャンテ㈱代表取締役

 小千谷市議会議員

 

 中越大震災発生時、災害ボランティア
 センターを立ち上げ、被災者支援にあた
 る。その後経済、文化、生活の復興を主
 目的とした「立ちあがれ中越プロジェクト」
 を組織し、2年間にわたり活動。能登半島
 地震、中越沖地震の復旧復興支援を行
 う。  趣味…バーベキュー

 保科(ほしな) (よし)(あき)

 1940年生まれ) 
 
 (社福)新潟県社会福祉協議
 会生活支援相談員
 

 2005
年(平成17年)1月から小千谷市
 ボランティアセンターの生活支援相談員
 として高齢者支援、イベント対応などにあ
 たる。 趣味…読書

福   祉

 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 

 村田(むらた) (あきら)

 1941年生まれ)


 (社福)小千谷北魚
 沼福祉会理事


 特別養護老人ホー
 ム小粟田の里施設長

 


 新潟県中越大震災時、福祉法人理事
 特別養護老人ホーム施設長として、法
 人全体並びに施設の復旧、復興の陣頭
 指揮を執る。


 趣味…山菜採り、ウォーキング、旅行


 西脇(にしわき) 英郎(ひでお)

 1944年生まれ) 

 知的障害者授産施
 設施設長
 

 (社福)小千谷北魚沼福祉
 会小千谷市障害者支援セン
 ターひかり工房管理者
 

 新潟県中越大震災では当施設は大き
 な被害も
なく、避難生活中の施設利用
 者の支援にあた
った。農園芸が趣味で
 「初級園芸福祉士」の
資格を取得した。 
 氏 名   震災時の役職    現在の役職   自 己 紹 介 

 吉崎(よしざき) (すすむ)

 (1949年生まれ)


 帝京長岡高等学校
 教諭


 (理科主任、1学年
 主任)
 



 小千谷市議会議員


 34年間帝京長岡高校に勤務し、中越
 大震災時は1学年主任として勤務してい
 た。1学年生徒全員の安否確認には1
 週間ほど時間がかかった。その後、定年
 の3年前に退職し、市議会議員となる。
学 校・教 育
町内会・自主防災組織
 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 


 風間
(  かざま)
 久司(きゅうじ)


 1939年生まれ) 


 小千谷市本町町内
 会長


 小千谷市本町防災
 会長

 小千谷市自主防災組織
  連絡協議会長


 新潟県中越大震災時、市の中心商店
 街を持つ町内の防災会長として町内会
 と防災会の協力で避難所の設営、運営
 を図る。


 趣味…パソコン、アマチュア無線、釣り


 鈴木(すずき) 俊郎(としろう)

 (1939年生まれ)


 小千谷市十二平町内
 会長
 


 NPO
法人防災サポートおぢや
 理事
 


 新潟県中越大震災において、長期避難
 勧告の後、集団移転を決め現在に至る。

消   防

 氏 名   震災時の役職   現在の役職   自 己 紹 介 

 金子( かねこ) 正男(まさお)

 1949年生まれ)

 小千谷市消防団副
 団長

 小千谷市消防団団長


 新潟県中越大震災時、現場本部の指
 揮を執る。災害に強い消防団組織作り
 と消防団活性化事業及び団員確保に
 奮闘中。

 飲み会が大好きです。 


 安達
( あだち)
 正人(まさと)

 (1958年生まれ) 


 小千谷市消防団本
 部
分団長


 小千谷市消防団副団長


 新潟県中越大震災時、消防団指揮本
 部にて指揮を執る。


 趣味…ゴルフなど


 阿部 利明 ( あべ としあき)

 1956年生まれ)  


 小千谷市消防団本
 部
分団長


 小千谷市消防団副団長


 新潟県中越大震災時、消防団指揮本
 部にて指揮を執る。

 会社員  

 趣味…スポーツ鑑賞


 本田( ほんだ)  (つよし)

 1951年生まれ)


 小千谷市消防団本
 部
分団長

 小千谷市議会議員

 


 小千谷市消防団副団長

 
 小千谷市議会議員


 新潟県中越大震災時、消防団幹部
 として陣頭指揮を執る。今後もいろい
 ろな奉仕活動に積極的に参加し、ボラ
 ンティアを続けていきたい。


 趣味…登山、山散策